calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カテゴリー

archives

佐賀県 馬渡島 波止釣り

0
    平成24年6月17日 (日曜) 佐賀県の呼子沖、馬渡島へ釣りに行きました。
    先週から梅雨入りし、週末は雨の予報だったのが、土曜日になって雨の予報から、曇り時々晴れに変わり、これは釣りに行くしかないと思い、釣り友の豊ちゃんを誘って馬渡島に釣りに行きました。
    名護屋湾から8時35分の定期船に乗って、30分で馬渡島に到着です。船には釣り人が10人ほど乗っていました。
    馬渡島に到着すると、おばちゃんに清掃代を200円を払い、歩いて東の波止(沖波止)に向かいました。
    歩いて10分で波止に到着、常連のおじさん達が、さっさと場所を取り、僕らは波止の角で釣りはじめました。が・・・
    1時間・・・何も釣れません、当たりもないし、エサもとられない・・・これはヤバイかも、今日からブログを書こうと思ってるのに、坊主の予感(-_-;)
    常連のおじさん達はカゴ釣りをしていましたが、1人だけ、25cmくらいのクロが1枚釣れてました。潮も真横に流れ、豊ちゃんと並んでは釣りにくいから、先端のほうに移動することにしました。
    最初いた角のポイント。豊ちゃん
    先端に移動したものの、30分なにも当たりがありません。でも、当たりは突然でした。全層で沈めていたラインが”バチバチ”ものすごい勢いで走ります。キター↗・・竿先がめっちゃ曲がってラインからキーンと音が鳴る。これはでかいぞ!よしよし、ラインを60mくらい出していたのでなかなか寄せられません、豊ちゃんに教えたいけど、声が届かないくらい離れているし、このカッコいいところを見せたいなーと思いながら、魚とやり取りして、あと20mくらいまできたときに、プツ!! ばれたー・・・はずかしー・・・でも誰も見ていない・・・がっかりです。
    でも、開きなおって、釣り再開、それから10分、小さな当たり、20cm程の小鯛が釣れました。
    昼までに小鯛3匹です。豊ちゃんに教えると、豊ちゃんは朝から、当たりが全くないということで、豊ちゃんもこちらで釣ることになった。常連のおじさん達は、なんも釣れんと言って昼1時の船で帰りました。
    ポツポツ小鯛やベラが釣れながら、1時30頃、突然です。全層の沈めウキのラインが“バチバチ”と走りました。
    「きたー」と声を上げると同時に豊ちゃんも「きたー」と言って同時に当たりです。
    先にタモ入れしたのは、俺のチヌ35cm位、そして、豊ちゃんの今日一の小鯛?ちょっと大きめの小鯛30cm弱!!

    3時に納竿し、4時の馬渡島発の定期船で帰りました。
    帰りの定期船には島のイベントでサガン鳥栖の選手が乗っていて、島の子供たちと紙テープでお別れをしていました。
    こんな感じです。(^_-)-☆

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック