calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

カテゴリー

archives

加唐島 波止釣り

0
    11月12日 日曜日 晴晴れ

    るんるん半年ぶりの釣り
    加唐島東波止

    今日福岡は福岡シティマラソンで賑わってる
    あちこちで交通規制禁止
    今津体育館はマラソンコースで
    毎週日曜日のバドミントンサークル
    ブルータスはお休み休み

    心置きなく釣り〜〜

    今日は天気もいいし、
    加唐島のレンタカーで磯に行こう!
    って車中で話しながら
    加唐島行き船乗り場で
    レンタカーの「やどかり」に豊が電話した
    スマホ「今日は車ないです。昨日から帰ってないのと
    今日11時から予約が入ってます。」
    だって
    え〜 誰だ11時から予約するのは
    まさか、知り合いの大学教授やないよな〜
    などと話しながら8時のかから丸で島に渡る船

    仕方なく東波止に行く走る
    角曲がってすぐの場所に一人釣り座を取られた。
    俺達は角と角手前で竿だしすることにした。
    準備する、、、
    この時間はなぜか焦るアセアセ
    毎回焦るアセアセ
    なんでかな〜
    どうでもよいことだけど
    豊より早く竿だししたい・・・アセアセ

    とりあえず豊より先に竿だし 笑・・・

    ヤバイ、潮の流れ向きが隣の人側に
    しかも早いやじるし
    これは豊ちゃんと2人で竿出ししたら
    俺たちおまつりするし、
    隣の人まで巻き込むかも・・・・・
    仕方ない、ここは豊に譲るやじるし
    「俺は先端に行くから豊はここで釣りな」
    ってkyu

    角は大物が釣れるから角がいいけど
    ここは俺が我慢する筋肉

    先端に行く走る
    先端で釣り開始
    1投目、ここは左にゆっくり流れる
    バチバリ・・キタッ矢印上
    おー!!そこそこの重量感
    プツン・・・
    外れた・・・_| ̄|○

    それから15分ほどで
    バチバチ・・きたっ
    キーン(ラインの音)(するよね〜きらきら
    何が釣れたかワクワク
    おーーっ、きらきら
    にゃんと、イサキちゃんだ
    こんにちは〜〜
    この時期に珍しい
    サイズは42手

    豊は何も釣れず昼頃角を諦め・・・
    俺の左に来る
    すると、クロちゃんの手のひらサイズから
    足の裏サイズをちょこちょこ釣る
    しかし、いまいちサイズ・・・

    俺はイサキちゃんとクロちゃんの
    そこそこサイズをポツポツ釣る
    13時半頃、そこそこ釣れたから、
    ちょっと休憩

    ゆう★「豊ちゃん!先端から遠投して
    左奥に流してみたら〜」と場所を譲る
    そして、何投か目で
    きた〜っっ!!!
    豊が吠えたびっくり
    お〜重いよ!クロじゃないかも!鯛かも
    叩いてる、叩いてる(120%ハイテンション)矢印上
    姿が見えた。鯛だ〜 豊、まんべんな笑顔
    やった〜(100%テンション)矢印上
    40僂らいの鯛ちゃんゲット手
    豊、釣れたあと準備に時間が掛かって
    いたから、俺は直ぐに竿だし
    俺も遠投、左奥に流す
    2投目、きた〜矢印上
    俺のも、叩いてる!
    これは鯛だわらう
    見えてきた。やっぱり
    40僂梁笋世辰手

    そして、豊ちゃんゆう★
    またも、キターーーーーーッアセアセ
    またも同サイズの鯛手
    ・・・・・
    やがて、終了時間ゆう★

    今日の釣果は
    俺→鯛1枚、イサキ5枚、クロそこそこサイズ6枚
    豊→鯛2枚、クロそこそこサイズ1枚



    船帰りの船、かから丸の2階デッキにいると
    おーい!! 隣のテーブルから俺を呼ぶ
    誰だ!志村けん似の変なおじさんは??酔っ払い
    あっっゆう★
    朝、豊に話してた知り合いの大学教授だ
    もしや・・・・Docomo108
    ・・・・的中!!
    11時にレンタカー借りてたらしく
    大泊漁港奥の磯に行ってたそうだ
    「先生が借りてたおかげで、俺らは
    磯にいけないで波止釣したよって・・笑」

    ♪今日も楽しい一日だった・・・おわり♪

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック